Ookami@FFXI試練鯖








Xbox&FF11(*´Д`*)
by SirenOokami
Twitter - OokamiSiren

Usefull topics
Xbox.com:公式スケジュール
Xbox.com:クラウドを利用
Xbox.com:Gold Family
Xbox Live Rewards
Xbox Live TODAY
Xbox Live Status
Microsoft Account 作成詳細
Xbox状況コード:807b0194
ErrorCode(WP):805a0191
Windows Phone Store
YouTube:Xbox公式ch
Intel Download Center

Software Development
Windows Phone Dev Center
Xbox Indie Games

Links
FINAL FANTASY XI
FINAL FANTASY XIV
DRAGON QUEST X
MHF Xbox360
E3 Expo
aguse
答えてねっと 試練の狼
はこまるぷらす+
Nikon Image Space
XBOX FAN SITE LINKs
Round4 AGC
Xbox360ファンサイトRssChecker
X.Revolution
mu mu 360

まとめなどなど topics
目次:Windows Phone 8 人柱
目次:Surface Pro 関連
目次:Surface RT 関連
目次:NUCにもWindows XP
目次:Shuttle DS61関連
目次:Haswell - FF11関連
Xbox関連 topics
XBOX360基板遍歴
Kinect接続初回起動
データ転送ケーブルまとめ
USB速度&接続状況まとめ
USBフォーマット時容量
FFXI@360関連
HDD移行時の問題
HDD移行時の問題#2
FFXIが起動しなくなった時
FFXIのVerUPが何度も失敗
FFXIエ読込時等に固まる

-- 国内 タイトルリスト --
初代XBOX ※2010/02/15
XBOX360 ※2010/10/08
XBOX360 ※2012/10/01
公式初代XBOX互換リスト
JP 互換リストへリンク
US 互換リストへリンク
記事ランキング
カテゴリ
全体
FFXI:アドゥリンの魔境
XBOX1
FFXI:ヴぁな生活
FFXI:星の輝きを手に
FFXI:Lv99 アサルト
FFXI:Lv99 サルベージ
FFXI:Lv99 花鳥風月
FFXI:追加シナリオ
FFXI:錬成/エヴォリス
FFXI:Field Manual
FFXI:アルタナの神兵
FFXI:BC/NM/ENM/Mis/裏
XBOX 全般
360 USBメモリ
360 Event
360 基盤遍歴
Windows Phone/RT
[PC向け自作そふと]
[せっとあっぷ]
[こんぴゅ~た]
[こんぴゅ~た]部品
[ねっとわ~く]
食/旅行/自然/生活等
写真/音楽/映像
[懐ぱそ]
FFXIV
Sony:VAIO/PS他
Apple
特集:Tokyo Game Show
特集:Spike
特集:BAYONETTA
特集:マグナカルタ2
特集:HALO WARS
特集:STAR OCERN 4
特集:Fable II
特集:Fable III
etc:その他
特集:Call of Juarez血の絆
未分類
最新のコメント
私のところで起きたレアケ..
by SirenOokami at 14:45
私も新しいSSDを取り付..
by red at 23:49
こんにちは。 お久しぶ..
by ムームー at 08:59
I feel this ..
by WarpNuarf at 07:37
SSD以外を取り外してセ..
by wis at 19:46
あきらめずに頑張ってみし..
by SirenOokami at 14:44
ミシック制作中なので凄く..
by みぎした at 21:28
へーピスタチオさんいるの..
by Roran at 00:06
75時台からしたらぶっこ..
by SirenOokami at 12:40
うぉーーーろらんsんーー..
by SirenOokami at 12:13
右クリック禁止
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
画像一覧
検索
お気に入りブログ
FFXI ナイトメア活動日記
いままでとこれから。
ころちゃんのにっき
ころちゃんのにっき
ブログジャンル

Exblog以外のフレブログ

EGHMt in Vana
ぽに。
 ☆ <   2009年 01月 ( 44 )   > この月の画像一覧
 ☆ XBOX360:NINJA BLADE - Mission 5
 Mission 005の、芋虫3連ちゃん2匹目で詰まりそうだったのでちょっとカキコ。

 芋虫は、基本的に丸まって攻撃してきたら、ダッシュで駆け回って逃げ。風の忍術で炎けしたりしながら被弾を防ぐ。あとは、大剣(ミッション005ではレベル3程度ほしかった)で本体攻撃していれば勝てる感じです。

 さて、3連ちゃんの2匹目。ガスの吹き出る大部屋(ガス通路か、ワイヤーで渡っていくかの、2か所どちらか選択の道のりのようですが、逆側からもどってアイテムとれました)を超えて、電車の残骸のあるところ。
 NINJA VISIONで上をみると対象の芋虫がいるのですが、ジャンプしてもだめだしいろいろちゃってもなかなか攻撃が当たらなくておちてこないヤツです。これをたたき落とすには、「雷属性の忍術」を溜めて、NINJA VISION発動しながら打つと当たります。炎などでは届かない模様。

 といったところで今朝は時間切れなので、また時間できたら続きのカキコでも☆彡

p.s. Mission 003/004は、特に詰まるようなところはないとおもいます。双剣強化しておくと吉かもかも
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-31 11:10 | 特集:Spike | Trackback | Comments(0)
 ☆ XBOX360:NINJA BLADE - Mission 1-2くりあ(*´Д`*)
f0064066_1531979.jpg

 昨夜、Mission 001/002を何とか意識なくなる前にクリアしました(*´Д`*)v Mission001は、さすがにじっくり先行体験会でやったのであっさりクリア。とはいっても、クリアタイムは41分。もうすこし時間けづれたなぁ・・・とおもいつつ。。Mission002は、ボス戦闘で手間取って気がつくと1時間20分こえてたwww

 って、アクションで80分も連続操作してるなんて、疲れ果てるんですが(´・ω・`;)

 まぁ、一応ポーズはできるし、セーブまでは行かないものの、チェックポイントまで戻れるので放置して休憩はできますしね。武器強化画面なんかだしていてもいいわけですけど、ミッションにかかる単位時間が少々長いかなぁ・・・とはおもいました。実績をみるとMission009まで?な感じなので、こんなもんかなぁ。とおもいつつ、もうすこし小分けでもよかったかもしれませんね。

 ここまででボス戦闘できになった肝をすこし紹介。

Mission 001 アーマードスパイダー
 基本的に、足のアーマーを大剣ではがしてから、ダメージを与える形で、前半は前足2本にダメージあたえていくと終了。後半は、片側3本の足を同様にして破壊すると本体が倒れるので、本体にダメージを与えていく。しばらくすると足が生えるので、足を破壊して本体攻撃の繰り返し。途中、小型蝙蝠が邪魔しにきますけど、ある程度無視でOK。むしろ、余裕あればHP回復材料になるので、双剣と大剣使い分けるtのもあり。

Mission 002 ワーム
 ワームの名前で三回ありますが、遠くから攻撃してくるだけのワームは体当たりしてきてフロアーに寝そべったところをINJA VISIONで敵の速度落として攻撃の繰り返し。最後のとどめは、左右から上ったところから行うので敵のHPへってきたら注意。ヘリ寄生のパラサイトワームは、近づいてきたときをねらって攻撃繰り返せば倒せるでしょう。
 問題は最後の巨大ワーム。本体のダメージポイノトは、イガイガの舌(少しはなれて手裏剣が有効)。ある程度ダメージあたえると左右にワームの護衛がでてくるので、これを早めに倒す。倒してしまえば再生しないようなので、またイガイガの舌を出してきたときに、手裏剣?でダメージあたえていけば安全に終了。ただ、時間かかるんですよねぇ・・・この方法だと。
 そうそう護衛でてくる頃からは、護衛などによってガラスの天井が壊される?ので、おちると死亡に注意。車を投げてくるので、それを避けながらにもなるので、護衛は力押しでもいいのでさっさと1匹はへらしましょう。わりと簡単に沈むようです。

 時間減らそうと思うと、ある程度近接攻撃や、手裏剣を口の中に投げ込むなどが必要なのかもしれませんね。まぁ、食らうダメージが1回目だときついので(HP増加してないだろうし)、武器強化できたりしてから高スコアめざすと割り切って、1回目は倒しきることに専念するのがいいと思います。

 さて、今夜はMission 003に挑戦ヽ(;´Д`)ノ


ここで使用しているロゴ・スクリーンショット等の映像資料はプレスキットとして提供されておりますの。また、FROM SOFTWAREさんに帰属します。映像資料等の入手につきましては、FROM SOFTWARE様へお問い合わせおねがいいたします。また、体験会の様子などの写真は私個人に帰属いたします。
素材等の無断転載などはお断りいたしますのでよろしくお願いいたします。
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-30 15:55 | 特集:Spike | Trackback | Comments(0)
 ☆ 某社3Q業績説明会(´・ω・`;)
 簡単に特定できるでしょうから、あえてどことは書きません(イニシャルもやめておきます)。とはいっても、この会社、本当に経営側大丈夫なのか? という3Q業績説明会がいままさにおこなわれていて、インターネット中継などもおこなわれている様子。もちろん、じきにニュースでもいろいろかかれるでしょう・・・

 赤字の説明もなし、黒字化のためのロードマップなし、従業員大幅リストラ、それらの説明の元となる数値は一切提示なし。ご勘弁、ご容赦など、説明拒否。これ本当に、世界でも有数の企業の説明会なのか(´・ω・`)?

 為替、為替といっていても、同業他社はそんななかでもしっかり黒字を出したりしている。そもそも1Qも2Qも業績発表の為替レートと、実体経済の為替レートそのものの乖離が激しくて、仮にそのときのレートで計算すると大赤字だったのを「想定為替レート」でごまかしてきてたではないか。
 重たい在庫、増えた在庫のを数値である程度すら具体的に説明できず、そのくせちゃっかりとたな卸し資産とみなしている。これじゃぁ粉飾まがいとみられてもおかしくないのでは?(まぁ、合法なんだろうけど)

 というか、ここまで株主等を馬鹿にしている(説明責任を果たさないという意味で)大企業(中小は割りとあるかもしれないが)って、ほかに思いつかないんだが・・・w

 まぁ「まだ3Qだしまだまだ数ヶ月もあるお!」みたいなノリかもしれない。が、今までは特定製品で個人的に不具合連発&サポートで、このメーカーの製品を個人的に買うのはかなり避けていたが、会社のTOPがコレではマジこのメーカーの製品買わないかもしれん。。というか、参考に聞かれても、はっきり云って薦められない。会社の信用度なんてTOPがしっかりしているかどうか、それも重要な要素だと私は思う。

 まぁ、この会社の本決算でどう説明するのか、楽しみにしておこう(´・ω・`)
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-29 18:15 | etc:その他 | Trackback | Comments(0)
 ☆ 2009/01/29 NINJA BLADE 発売日(´∀`)
f0064066_11372723.jpg

 いつもの如く全部買いしてきました(*´Д`*) そして予約特典CDももちろん(σ´Д`)σ

 今夜家に帰れたらさっそくNINJA BLADEから遊んで見る予定ですw
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-29 11:40 | 特集:Spike | Trackback | Comments(0)
 ☆ ここんとこ忙しすぎ・・・orz#2
 そうそう、C++でクライアントを作成しているには意味があります。SQL Serverにデータ格納しているのなら「SQLで統計とったりしながら取り出せばいい」という話はもちろんあります。SQL側で統計とるようなASP.NET上のServer Side ScriptをVBなにC#なりで実装すればクライアントえらばないやんw ということもあるんですよね。

 まぁ、そこらは統計の取り方とかいろいろあるわけなんですが、個人的な持論として「データストア部分はいじるべきではない」と思っているのです。なぜなら、いじればいじるほど壊れる確率はどれだけ低くても増えるというわけで・・・

 なので、データストアとして使用しているSQL Serverのデータの安全性を確保するためにも、クライアントをC++で作成しSQL Serverから必要な分をダウンロードしてきて各種統計データを生成するのが私の好みなわけです。ちゃんと「レプリカとってればいい」とかいうのは、贅沢なのですよ・・・w

 あともう一つの理由が「必要となる統計データの使用やリレーションが頻繁に変わる」ということもあるのです。そうしたときに、たちまちアルゴリズム変更したりするのが、私的にC++が楽・・・w という感じです。もちろん、内部キャッシュや「テキスト>バイナり化」、CSV出力でExcelグラフ化なども、基本ライブラリ化されてますからあとあと使いまわすデータに仕上げやすいという理由もあったりします。ストアドにしてしまったら、ここの通信はやくなるだろうなぁ・・・とかおもっても、一度キャッシュすればいいやんとか。。これはこれで力技か(´・ω・`)

 ぶっちゃけ、VISTAの開発中にはなしのあったWinFSの将来像のように、データベースレベルでファイルなどが管理され、簡単にレプリカとることでバックアップができて、スケジューリングや検索、部分バックアップの自動化などが実現すれば・・・w
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-28 19:24 | etc:その他 | Trackback | Comments(0)
 ☆ ここんとこ忙しすぎ・・・orz
 仕事で忙しいのはまぁよいのかもしれません、幸いにしてMS様に気晴らし助けてもらってるような感じですし(*´Д`*)

 さて、いま私が直面している問題。すでに一部の人には話しましたけど「Web上のCGIパフォーマンス」の問題そのものなのです。ITMediaさんのところに面白い記事があったので、中身そのものを書くことは出来ません(守秘義務上)が、簡略化したものでちょっとあげておきましょう。

命題:瞬間的に大量の受付が発生するWebサーバーの安定構築

 これをいかにして安く、そして安全に構築するかということです。安全にというのは、障害対策も含むわけで・・・ 今のところ、IIS6(ASP.NET)にSQL Server。Virtual Serverに負荷分散と障害時の仮想鯖切り替えといったことが大きな枠組みになりました。
 まぁ、現時点の安パイ的な構成なわけです。物理サーバー中心にサービスを公開しないという方針は「物理サーバー本体が信頼できるほど高級な物を導入できない」という金銭的なものです。そこで、速度を犠牲にしてでも仮想サーバーとして、サーバーOSそのものをファイルとして取り扱える仮想サーバーとしてVirtual Serverというわけです。
 バックアップが容易であり、ホストとなる物理サーバーを外部にさらさなくてすむということもあります。本体が落ちなければ、仮想化の中での作業は時間さえ気にしなければかなり気が楽なのです。なにせ「ファイル単位でシステム全体のバックアップと保全が出来る」というのは最大の利点です。

 さて、基本的に動くようなものにはなりました。たが、そうなると今度はサーバーサービスのチューニングに入るわけです。

 現在、ASP.NETに、ADOを使用してSQL Serverへ接続するいわゆるCGIで動作させています。まぁ、これはわりとスタンダードなつくりなわけですが、ASP.NETって作りこめば作りこむほど高速化がわりとできるんですよね。.NETでサービス作りこんで拡張するとかも、比較的簡単ですしね。もちろん、私は昔ながらのアセンブラ・C/C++言語使いなのでASP.NET上のVBよりは、VS C++でサービス作ってしまう方が好きなのです。
 
 で、ここで問題。C++でWebサイト(実質C#使うほうがいいか)とASP.NET上のVBでスクリプトをダイナミックコンパイルしてもらうほうがいいか。ということです。これはもう、開発時間と実行速度の兼ね合いとしかいいようがないかんじですねぇ。今回、あまりにも開発時間がないために、ASP.NETにADOつかってSQL Serverと連携する部分をスクリプトで組み込んでしまいました。パフォーマンスを考えるなら、C++やC#でSQL Server側からデータをもらう前の作業の一部を持たせておくとか、共有キャッシュ持たすとか、まぁいろいろできるわけですがASP.NETのVB Scriptだとそうもいきません。静的なデータなら、他にも手はあるんですけど、今度はブラウザーが対応していないとダメとか、別の問題が発生するわけです。
 結局、サーバー側ですべてお膳立てしたHTMLをクライアントに渡すようにしないと「携帯電話なども含めたほとんどの端末で動作するサイトにならない」というわけです。
※実際にはいろいろな手段で回避できたりもしますが、単純化して話しています

 ブラウザーからのヘッダー情報で、機種ごとにHTMLの生成を変化させたりといった手法もあるんですけど、短時間でそんなの無理www なわけで(´・ω・`;)

 いやはや、はやくWindows Azureほしいとおもいましたよ!w

 クラウド上への展開なら、クラウド全体の性能上げるようにサーバー追加するだけですみますしねぇ(かなり簡単に言っていますがじつはそんな簡単でもない。でも従来の方法よりは簡単・・・だと思う)。

 まぁ、そのうちサーバープログラミングなんかも、力押しですむようになるのかなぁ・・・・

 とりあえず、C++使わずに、ASP.NET(VB Server Script)で、かなりのパフォーマンスを出せているのは事実です。Expression 2からのサイトとしての編集もかなりらくですし、スクリプトも事前コンパイルなおかげで単純にテキストスクリプトを実行していた昔のサーバーに比べたら速度も速いですしね。

 といった感じで、Server Side ScriptとしてのVB、ADO経由のSQLと格闘しつつ、それらのデータを纏め上げるクライアントソフトをC++で作成しつつ、今日もまた一日が・・・orz
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-28 19:01 | etc:その他 | Trackback | Comments(0)
 ☆ XBOX360:NINJA BLADE - 発売日まで@1日!
f0064066_1702867.jpg

 いよいよ発売日を明日に控えたNINJA BLADE。おなじアクション系では、これまた老舗といっていいほどユーザーが着いているTOMB RAIDER: UNDERWORLDも発売されますね。そしてシュミレーションというか、HALO WARSと同様RTS(リアルタイムストラテジー)のトムクランシーシリーズ エンド ウォー。今までのネームバリュー作品の同時発売で挟まれた感じのNINJA BLADEですが、頑張ってほしいですね~。

 個人的にはTOMB RAIDERシリーズも好きですが、今週は和ゲーとして頑張っているNINJA BLADEを遊びたいと思っています。RTSに慣れておく意味でもトムクランシーシリーズ エンド ウォーも遊びたいし、TOMB RAIDER: UNDERWORLDも捨てがたいんですが・・・w

 そしていつもの如く「今日発売の360タイトル全部クレ」発動なんだろうなぁ・・・w

 今回、プレスキットとしてFROM SOFTWAREさんからいただいたNINJA BLADEの資料。静止画だけでなく、ムービーやらなんやら、いっぱいいただいたんですが、さすがに全部公開するわけにも行きませんし、再配布をここでするわけにもいきませんしねぇ・・・。 しかし、3年がかりで製作したという意気込みはしっかり伝わってきました。

 そうそう、3年にわたる製作の過程。開発当初は初代XBOXを考えていたとか。それが開発が進むと共にプラットフォームの変化でXBOX 360へ。でも、私が知る限り、XDK(Xbox Developer Kit)は基本がVisual Studioで、多くのツールが統合された上にWindows上を基本とした開発。デバッガ実機にはLANを通じてアップロードしながら実行などという環境は初代XBOXもXBOX360も基本は同じだったと思います。
 そして、初代XBOXからXBOX360へのプラットフォーム移行で、おそらく一番困ったのが「XBOX 360では出来ることが増えすぎてしまった」ということなのでしょう。いろんなことが出来てしまうから開発としては挑戦してみたくなるのは当然ですね。気がつくとあっというまに3年たってしまったということなのでしょう。その間に日本の首相もかわってしまい、登場キャラがぱっとみて「普通のオリジナルキャラ」に見えてしまうw と、ネタキャラCGっぽかったのが伝わらないんじゃないかなぁ、とか心配されてましたw

 今回のOTOGI作成チームの前作はメタルウフルカオス(初代XBOX)ですが、前作はことのほか思い入れがあるそうです。「コレはいける」と蓋を開けたら「あれ~」だったということだそうですが、まだまだ日本ではXBOXは知名度すくなかったですしねぇ。
 「NB製品概要書」もいただいたのですが、PDFなのでここで配布してもよければ配布してあげたいぐらい見てほしい資料です。(無茶するとMSの担当者共々しかられるハメになるので、ごめんなさい)。下にNINJA BLADE特設公式サイトへのリンクも張っておきますので見てみてくださいね(*´Д`*)

公式:NINJA BLADE オフィシャルサイト
http://www.ninja-blade.com/

f0064066_1704561.jpg


ここで使用しているロゴ・スクリーンショット等の映像資料はプレスキットとして提供されておりますの。また、FROM SOFTWAREさんに帰属します。映像資料等の入手につきましては、FROM SOFTWARE様へお問い合わせおねがいいたします。また、体験会の様子などの写真は私個人に帰属いたします。
素材等の無断転載などはお断りいたしますのでよろしくお願いいたします。
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-28 17:00 | 特集:Spike | Trackback | Comments(0)
 ☆ WDが2TB-HDD発表(*´Д`*)
ITMedia記事:Western Digital、業界最大の2テラバイトHDDを発表http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/28/news029.html

 昨年からアナウンスのあった2TB-HDDですが、ようやく米国にて正式発表だそうですね。記事によると価格は$299。※詳細は記事を参照してください。

 とまぁ、単体ではSeagateの1.5TBを500GBも上回る2TBが近く日本でも秋葉原などを中心に出回り始めることでしょう。まぁ、それはよし。問題があるとすれば、価格もまぁそうなんですが「1TB以上に対応した比較的安価なNASケースがない」ってことなんですよね。おかげでSeagateの1.5TBもほとんど買わなかったわけですが・・・

 現状、2TBをコンバインするような構成を、確実に動くように作ろうとすると、Windows Home Serverをベースに、SATAのマルチプライヤー&エンクロージャI/Fとケースをセットにして、PCIe接続で大量に・・・とかいった構成がベストになってしまいそうなんです。SATAマルチプライヤー&エンクロージャなら、NASケースのようにケース側のファームウェア(OS)制御ではないため、I/F1枚につき2TBを4-5台つないでもでもまぁ大丈夫かとw それに、ケーブル数も減らせますしね。

 この構成の問題は、Windows Home ServerをセットアップするPCが一台必要だということかな。ついでに、バックアップも問題になるかも。大量のHDDをどんどん増設できるのはいいとしても、それをバックアップしたりするのは、時間的にも大変なわけでw

 そういう意味でも、単体NASが2TBに対応してくれるのが望ましいんですけどねぇ・・・

 まぁ、国内で入手できるようになったら、まずは2TBためしてみるかな~
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-28 11:25 | [こんぴゅ~た]部品 | Trackback | Comments(0)
 ☆ XBOX360:HALO WARS - 先行体験会!#2
f0064066_17521466.jpg

 HALO WARSは、RTSとの味付けですので、もちろん今までのFPSであるHALOシリーズとはまったくプレイそのものが異なります。最近でたソフトウエアで近いのはシヴィライゼーション(もっともこちらはターン制のシュミレーションですが)でしょうか・・・

 上のスクリーンショットはキャンペーン中の一部です。こんな感じで自分の部隊を敵の基地などへ送り込みつつ、ミッションの目標を達成していくわけです。シヴィライゼーションのようなターン制シュミレーションでは、思考する時間がじっくりとれますがRTSではどんどん時間が過ぎていきます。無駄に時間をすごしてしまうと、勝つことすら難しくなっていきます。
 そう、部隊の補給・移動・索敵などなど、どんどん判断して指示していかなければならないわけです。あと1週間ほどでゴールド会員へは公開される体験版を通じて遊んでもらうと、おのずと「リアルタイムで指揮していくことの面白さ」は伝わるんじゃないかとおもいます。

 HALO WARSでは、この刻々と変わっていく情勢に対して、資源を確保し、部隊をつくり育て、配置を行い、敵を倒していくのか。ある程度のセオリーは確かにありますが、そうしたセオリーのバランスを自分なりに戦局を逐次見極めていくことこそが、このRTSの面白さですね。

 アクションゲームやFPSの派手さこそ少ないものの、シュミレーションを少しでも楽しいとおもった人は是非やってみてほしい作品です。もしかすると、HALO WARSでRTSが面白くなって、Age Of Empiresを遊ぶためにPC買う人とかでてくるかも・・・w

 そうそう、いままで家庭用ゲーム機ではRTS分野の作品はかなりすくなかったですが(昔のPC88/98時代はわりとありましたが)、HALO WARS以降もXBOX360用タイトルとしてRTSなテイストのゲームを発売する予定が複数あるとのこと。そちらも楽しみなんですが、まずはHALO WARSを楽しみたいと思います。
f0064066_1750895.jpg

ここで使用しているロゴ・イメージCG・スクリーンショット等の映像資料はプレスキットとして提供されており、マイクロソフト社へ帰属いたします。映像資料等の入手につきましては、マイクロソフト社様へお問い合わせおねがいいたします。また、体験会の様子などの写真は私個人に帰属いたします。
素材等の無断転載などはお断りいたしますのでよろしくお願いいたします。
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-27 17:53 | 特集:HALO WARS | Trackback | Comments(0)
 ☆ XBOX360:HALO WARS - 先行体験会!
f0064066_11262393.jpg

 ITMediaさん他、当日プレスとして参加されていたサイト様はすでに公開されております、HALO WARS先行体験会。私も参加しておりました(*´Д`*)

 非常に詳細なレポートが各メディア様のサイトに掲載されておりますので、ここでは私個人のHALO WARSに対するプレイ体験といったものを中心にレポートしていくことにいたします。HALO WARSの背景等等、そうしたものはすでに公式にもでておりますし、メディア様でも詳細がのっていますしね。

 そうそう、ゴールドメンバーシップ会員向けには、2009/02/05より体験版が配信開始だそうです。RTSを遊んだことのない方はまず体験版で楽しんでみてはどうでしょう(*´Д`*)

 まず第一報としてHALO WARSをプレイしてみた感触から。

 Age Of Empiresシリーズを手がけてきたEnsemble Studiosの作品ということ。さらには、国内の家庭用ゲーム機としては珍しいRTS(Real Time Strategy)の分野ということで、どのようなゲームに仕上がっているのか。

 キーボード・マウスの的確な操作と判断力がリアルタイムに交わった、高度に戦略的なリアルタイムゲーム分野のRTSを、家庭用コンソールでどこまで満足させれる作品に仕上げられたのか?
 HALOといえば、現世代のFPS代表格としてTOPシェアを握っているほどの大作です。そのRTS派生作品ということもあって、HALOの世界感をRTSでしっかりと楽しむことができるのか?

 今回は、それらについていろいろ楽しませていただきました。以下次号へ・・・


ここで使用しているロゴ・スクリーンショット等の映像資料はプレスキットとして提供されており、マイクロソフト社へ帰属いたします。映像資料等の入手につきましては、マイクロソフト社様へお問い合わせおねがいいたします。また、体験会の様子などの写真は私個人に帰属いたします。
素材等の無断転載などはお断りいたしますのでよろしくお願いいたします。
[PR]
by SirenOokami | 2009-01-27 13:05 | 特集:HALO WARS | Trackback | Comments(0)
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
記事URL及びブログTOPへのリンクは自由といたしますが、記事内容及び記事で提供しているダウンロードデータ(ソフトウェアを含)・写真等についての再掲載・転載等の二次使用は固くお断りいたします。
特にアフェリエイトを含むまとめサイトへの転載は一切行わないようお願いいたします。