Ookami@FFXI試練鯖








Xbox&FF11(*´Д`*)
by SirenOokami
Twitter - OokamiSiren

Usefull topics
Xbox.com:公式スケジュール
Xbox.com:クラウドを利用
Xbox.com:Gold Family
Xbox Live Rewards
Xbox Live TODAY
Xbox Live Status
Microsoft Account 作成詳細
Xbox状況コード:807b0194
ErrorCode(WP):805a0191
Windows Phone Store
YouTube:Xbox公式ch
Intel Download Center

Software Development
Windows Phone Dev Center
Xbox Indie Games

Links
FINAL FANTASY XI
FINAL FANTASY XIV
DRAGON QUEST X
MHF Xbox360
E3 Expo
aguse
答えてねっと 試練の狼
はこまるぷらす+
Nikon Image Space
XBOX FAN SITE LINKs
Round4 AGC
Xbox360ファンサイトRssChecker
X.Revolution
mu mu 360

まとめなどなど topics
目次:Windows Phone 8 人柱
目次:Surface Pro 関連
目次:Surface RT 関連
目次:NUCにもWindows XP
目次:Shuttle DS61関連
目次:Haswell - FF11関連
Xbox関連 topics
XBOX360基板遍歴
Kinect接続初回起動
データ転送ケーブルまとめ
USB速度&接続状況まとめ
USBフォーマット時容量
FFXI@360関連
HDD移行時の問題
HDD移行時の問題#2
FFXIが起動しなくなった時
FFXIのVerUPが何度も失敗
FFXIエ読込時等に固まる

-- 国内 タイトルリスト --
初代XBOX ※2010/02/15
XBOX360 ※2010/10/08
XBOX360 ※2012/10/01
公式初代XBOX互換リスト
JP 互換リストへリンク
US 互換リストへリンク
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
記事ランキング
カテゴリ
全体
FFXI:アドゥリンの魔境
XBOX1
FFXI:ヴぁな生活
FFXI:星の輝きを手に
FFXI:Lv99 アサルト
FFXI:Lv99 サルベージ
FFXI:Lv99 花鳥風月
FFXI:追加シナリオ
FFXI:錬成/エヴォリス
FFXI:Field Manual
FFXI:アルタナの神兵
FFXI:BC/NM/ENM/Mis/裏
XBOX 全般
360 USBメモリ
360 Event
360 基盤遍歴
Windows Phone/RT
[PC向け自作そふと]
[せっとあっぷ]
[こんぴゅ~た]
[こんぴゅ~た]部品
[ねっとわ~く]
食/旅行/自然/生活等
写真/音楽/映像
[懐ぱそ]
FFXIV
Sony:VAIO/PS他
Apple
特集:Tokyo Game Show
特集:Spike
特集:BAYONETTA
特集:マグナカルタ2
特集:HALO WARS
特集:STAR OCERN 4
特集:Fable II
特集:Fable III
etc:その他
特集:Call of Juarez血の絆
未分類
最新のコメント
私のところで起きたレアケ..
by SirenOokami at 14:45
私も新しいSSDを取り付..
by red at 23:49
こんにちは。 お久しぶ..
by ムームー at 08:59
I feel this ..
by WarpNuarf at 07:37
SSD以外を取り外してセ..
by wis at 19:46
あきらめずに頑張ってみし..
by SirenOokami at 14:44
ミシック制作中なので凄く..
by みぎした at 21:28
へーピスタチオさんいるの..
by Roran at 00:06
75時台からしたらぶっこ..
by SirenOokami at 12:40
うぉーーーろらんsんーー..
by SirenOokami at 12:13
右クリック禁止
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
画像一覧
検索
お気に入りブログ
FFXI ナイトメア活動日記
いままでとこれから。
ころちゃんのにっき
ころちゃんのにっき
ブログジャンル

Exblog以外のフレブログ

EGHMt in Vana
ぽに。
 ☆ カテゴリ:Apple( 129 )
 ☆ Apple:新MacBook Proを冷静に検討してみる
公式:MacBook Pro Features

 さて、大方の予想とおり、第二世代Ultrabookとして生まれ変わって、Retinaディスプレイ搭載の新MacBook Pro Retinaモデルが発売開始されましたね。これはもう、十二分に予想できた仕様で、とくに目新しくも驚きもなにもないわけですが、15インチでのRetinaは確かに綺麗ですね。現時点、Retinaクラスの高解像度デスプレイ搭載ノートがほしければ、MacBook Pro Retinaモデル買うしかないでしょう。ただまぁ、今年の新iPadの時に話題になったように、色彩について個体差があるということがニュースになってましたね。そのあたりは同系のパネルだけに、情報がすくない今は、色に厳しい職場での採用はちゃんと調整できているか確認すべきかなぁとは思います。
※多くの場合、そこまで厳密にしなければいけないのは印刷業者等でしょうが…


 さて、MacBook Pro Retinaモデルのについて、詳細な仕様を、公式サイトの情報からピックアップしてみることにしました。

・CPU:Intel Core i7-3610QM 2.30GHz-3.30GHz(ITB2.0)/L3-6MB
・CPU:Intel Core i7-3720QM 2.60GHz-3.60GHz(ITB2.0)/L3-6MB
※GPU:Intel HD Graphics 4000 (内蔵)
※カスタムでIntel Core i7-3820QM 2.70GHz-3.70GHz(ITB2.0)/L3-8MBは可能

・GPU:nVidia GeForce GT 650M GDDR5-1GB
 そして価格は…

公式サイト最低価格
・2.3GHzモデル(3610QM):¥184,800 ※SSD 256GB
・2.6GHzモデル(3720QM):¥238,800 ※SSD 512GB
・2.7GHzモデル(3820QM):¥260,200 ※SSD 512GB
※カスタムで3820QMにする場合は「15インチ:2.6 GHz Retinaディスプレイ」からのカスタムでアップグレードオーダーするしかないため、最低料金は約26万になる。


 おちついて、Windows PCで現在発売になっているモデルと比べてみましょう。そのあたりは以前記事にしたPC:Diablo IIIが快適に遊べそうなノートPCは(´・ω・`)?にスペックだけはまとめてあります。

 Retinaが目当てなら、高く感じろうが買うしかないのは現時点確定です。ほかのメーカーが採用していないわけですから。価格については、2.3GHzモデルはRetina付を考えると安いかも? 2.6GHzとカスタムの2.7GHzモデルについては、SSD512GBでの価格底上げが…w 取り替え不能なあたりもちょっと悩みどころです。

 ゲームPC用途としてみるのであれば、GeForce GT650Mが乗っているとはいえ、GDDR5メモリーが1GBしかのっていないのです。ここはけちらず2GB載せてほしかったですね。2.6/2.7GHzモデルは特に値段高めですから、こちらのモデルだけでも2GBにしてほしかったなっという印象です。

 ゲームPCという見方からすると、それなりに高性能ではありますが、Alienwareとくらべると、やはり中堅どころの上といった感じでしょうか。まぁ、Alienwareではこの薄さは達成していない分、薄いからいい!っていうひとにはいいですね。


 そうそうもう一つ注意点。公式の仕様書と、カスタムオーダー見る限り「光学ドライブは内蔵されていない」ようです。CDやDVD再生するには、外付ドライブの別購入が必要っぽいですね。まぁ、昨年よりOS再インストールにDVDメディア等つかわなくなったわけですから、もうなくてもいいのかな。
※リカバリーDVDなどの再インストール用メディアも基本的につくれなかったですし。

補足:
・第三世代Intel Core i7の主なMobile向け型番とクロック
Intel Core i7-3610QM 2.30GHz-3.30GHz(ITB2.0)/L3-6MB
Intel Core i7-3720QM 2.60GHz-3.60GHz(ITB2.0)/L3-6MB
Intel Core i7-3820QM 2.70GHz-3.70GHz(ITB2.0)/L3-8MB

・nVidia GeForce コア/クロック/メモリーバス等の簡易表 ※nVidia社の資料より
GTX 675M:CUDA 384(620MHz)/Mem 1500Mhz GDDR5 256Bit-Bus
GTX 670M:CUDA 384(598MHz)/Mem 1500Mhz GDDR5 192Bit-Bus
GTX 660M:CUDA 384(835MHz)/Mem 2000Mhz GDDR5 128Bit-Bus
GT 650M:CUDA 384(GDDR5 735MHz)/GDDR5 128Bit-Bus
※GT 650M:CUDA 384(DDR3 850MHz)/DDR3 128Bit-Bus
GT 640M:CUDA 384(GDDR5 625MHz)/GDDR5 128Bit-Bus
GT 640M LE:CUDA 384(GDDR5 500MHz)/GDDR5 128Bit-Bus
GT 630M:CUDA 96(800MHz)/ DDR3/GDDR5 128Bit-Bus
[PR]
by SirenOokami | 2012-06-13 07:26 | Apple | Trackback
 ☆ Apple:Steve Jobe氏死去
Apple社公式:Steve Jobs

 2011年10月5日(北米時間)、Apple社が創立者の一人であり、世界的にも有名なSteve Jobs氏が無くなられたことを発表しました。 数年前より、ガンの手術や長期療養、入院の情報などから、近い将来にいつかは来るものとの予感はありましたがこれほど早くとはショックです。本当に残念でなりません。まずは、お悔やみを申し上げ、ご冥福をお祈り致します。

 昨日、仕事中になぜかインターネットが非常に不安定になりました。本来なら通るはずのパケットが特定の場所にだけとおらず、ルーター再起動などの処置をおこなったけっか正常にもどりました。そのときはiPhone 4S発売ニュースでどっか途中の経路がおかしくなったのかな?ぐらいでした。ただ、それでも自宅からの接続がおかしいことだけが残ったのです… ※急に通信が途絶えたため

 そして、家に向かう途中、なぜか、iPhone 4S発表はよかったが、もうSteveはいないいだな…っと、なぜかふと電車を降りたときに寂しく感じたのです。

 家についてみて、なぜ接続が途絶えたのかがはっきりしました。部分的な停電があったようで、サーバー関連が緊急停止して手動での起動をまっていたのです。その中でおかしく感じたのは、緊急時や単純な停電時は可能な限り電源復帰で自動起動&自動チェックがはいるようになっているはずなのに、一部のサーバーと一部のXbox 360だけが電源はいっていなかったのです。しかも、おなじコンセントからとっている一部のサーバーとXbox 360はなぜか起動している…(Xbox 360は停電後の電源復旧で自動起動しないはずなのに) そう、部分的に停電があったであろうことは想像がつくのです。ログをみても電源の問題でおちてましたから。不思議なのは、電源がおちていなかったゲーム機と端末PC(サーバー側ではないのでUPSはもちろんついていない)に、電源もどっているはずなのに(同じコンセントからとっている別のPC/Xbox360/内部ルーターが電源はいっていのを部屋にはいったとたんみた)自動起動がおこなわれなかった一部のサーバー(´・ω・`) なんか、キツネにつままれたような不思議な感覚でした。

 うちは、現在も数百代単位で古いコンピュータを保管しています。主にWindowsが発売されるより前の製品。各社が競い合って、いろんなアーキテクチャーが生まれては消え、千差万別なコンピュータが生まれてはきえていった時代のコンピュータがかなりの比率を占めます。もちろん、Apple I/LISA/Apple IIIこそないものの、Apple IIとそのバリエーション(公式クローンの黒Apple IIまであります)や、当時、モトローラ社製品68000MPUを使用した最高峰のパーソナルコンピュータと呼ばれたMacintosh 128K/Macintosh 512K。そして、Macintosh Plusの3機種は私の部屋に現存しています。この世代をつかったことがないマックファンなんて、モグリ同然! みたいな世代ですね。それは、その時代背景があり、Intel Macが登場するまで、親の敵のようにApple社がことあるごとにIntel社のプロセッサーをこきおろすような広告をやったりしていたのか。あれは、プロセッサアーキテクチャーの論争時代をしっていなければ、たんなるパフォーマンスや宣伝広告ぐらいにしかかんじないでしょう。でも、あれは、長年の流れとこだわりがあってのことなのです。

 そして、それもOS Xの登場とOS 9の終了宣言をもって大きく流れが変わりましたね。最後の詰めが、Power PC搭載Macintoshに非対応なMac OS X 10.6 Snow Leopard(10.7で外されたのはRosetta環境だそうです)。これをもって、モトローラ社のアーキテクチャーから生まれて発展してきたApple社における一つの時代が終わったのです。

 Apple社は、独自のパーソナルコンピュータ開発・販売会社からサービスを中心とした会社へと変貌していっています。それはApple社の決算報告をみれば歴然でしょう。将来のApple社がどうなるのか、それは、まだだれにもわからないことでしょうが、Steve Jobs氏の死去発表が今回のiPhone 4S発表同日ということ。それはこのiPhone 4SのSがSteve Jobes氏の頭文字と重ねてある気がしてなりません。あえてiPhone 5を名乗らなかった理由は、そこではないのかなぁと思っています。

※下の写真は十年以上前に日本SF大会にて懐パソ展示会を行った最後の展示写真をネガから起こしたものです
f0064066_1256712.jpg

[PR]
by SirenOokami | 2011-10-06 14:51 | Apple | Trackback | Comments(0)
 ☆ 2011/08/24の記憶
 2011/08/24といえば、スティーブ・ジョブズCEOの辞任発表の日。

 あの日のニュースは私にとっても衝撃的でした。

 この数年で劇的に動いていったApple社。

 すべてはこの日のためだったのかもしれません。

 シンプルイズベストで、1ボタンマウス・キーボードもキー数が限界にちかいほど少ないものでデザイン。でも、近年のMacintosh製品は、見かけこそ1ボタンのようでも複数ボタンのマウス動作をサポートしたり、シンプルへのこだわりが一気に変化したと感じていました。そうOS Xの登場と共に。
 シンプルイズベストへのこだわりは残しつつも、1ボタンとか指1本という極端とも思えるところから脱却し、マルチタッチ操作を提案して定着するほどに一般的にしたことは素晴らしいと思います。もし、1ボタン・指1本といったシンプルだけにこだわっていたら、今のAppleはなかったことでしょう。

 そう思い、この10年ほどを思い返してみると、スティーブ・ジョブズ氏は、PC業界から引退するためにApple社にもどって、建て直した。そんな考えすら浮かんでしまいます。

 私が好きだったApple社の時代、それは、ほんとうにいろんな意味でApple社はいろんなことに挑戦していた時代の製品でした。そう、Apple II/Iie/IIc~Macintosh 128K。Macintosh 512K、そして今でも名高いMacintosh Plus。
 プロセッサアーキテクチャーやBUS仕様等、ハードウェアから思想がにじみでていた信念をもってつくられたAppleIIやMacintosh達。それは、ハードとソフトが一体となって作られたコンピュータの象徴でもあったと思います。

 あれからもう何十年たったのでしょうか…。いまでは、Intelと協力し、Intelのプロセッサやテクノロジーでロジックボード(Macintoshではマザーボードではなく、ロジックボードとよく呼ばれていました)が製作され、基本部分は昔のAppleから完全に脱却してしまったと思います。それはIntelプラットフォームへの転換の時期に、スティーブ・ジョブズ氏自身が発言した言葉に集約されるでしょう。そう、Mac OSにこそApple社そしてスティーブ・ジョブズ氏達の思想・精神は宿っているのです。

 見掛け(キーボードや、最小限の機能といった物理的な処)こそ、今のMacintoshは、Windows PCとちがえども、Bootcamp等で、ネイティブにWindowsが動いてしまうPCそのものになってしまっています。Intel Mac MINIは衝撃的でしたね。あまりにも衝撃的だったので、当時のIntelプロセッサMacintoshでWindowsを動かそう!というフリーウェアの団体に共鳴し、日本語版Windows XPをMacintosh MINIでBootcamp以前にうごかしたあげくFinal Fantasy XIも動作させたりしましたね。まぁ、「Macintosh はMac OSで使ってこそ…」なわけで、邪道ともいえますが…。

 「Apple社は今後も変わらず…」というコメントはスティーブ・ジョブズ氏の後継人からもありましたが、個人的には「Apple社は今後も変わり続けてほしい」です。変わらず進歩していくのではなく、どんどん挑戦していってほしいのです。その一つの成功がiPod/iPad/iPhoneでしょう。

 でも、そこに甘んじず、挑戦していってこそのAppleだと思っています。例えばですが、挑戦したあげく、iPod/iPad/iPhoneのiOS系が、Mac OS Xの次となってもいいじゃないですか(´∀`)oO(そうなる可能性は多分にあるんじゃないかと、ここ数年のApple社の動きをみていて思ってしまう…

 そうした挑戦なくしてしまっては、これだけ規格化・国際化が進み、部品も変わり映えのしないことがおおい世の中、Windows PCとはまったく違う物を作り出していくことに、期待しています。

 最後に、スティーブ・ジョブズ氏、本当にお疲れ様でした!

追伸:私の家には、いまでも当時のスティーブ・ジョブズ氏達のサインが刻印されたMacintosh 128K / Macintosh 512K / Macintosh Plusが安らかに眠っています。もちろん、MC68040時代、最高とよばれたQuadra 700も鎮座しています………
[PR]
by SirenOokami | 2011-09-02 19:32 | Apple | Trackback | Comments(0)
 ☆ SandyなMacbook Air
f0064066_15415150.jpg

 Mac OS X 10.7 Lionがオンラインにて出荷開始され、搭載Macの出荷もはじまったようです。そこで、Sandyな新Macbook Airの一番下の機種を買って様子をみてみることにしました。
主なデバイスの概要
・CPU:Intel Core i5 (1.6GHz・Dual Core・Lv2-256KB・Lv3-3MB)
・DDR3SD-RAM:2GB
・SSD:APPLE SSD TS064C ※64GB
・外部I/O:Thunderbolt / USB 2.0*2 / ヘッドフォンジャック / マイクロフォン
 ※SDカードスロットは13Inchモデルのため、11InchのMacBookAirには無し
 Macbook Airは小さいためか、SSDの交換はユーザーでは通常不可です。特殊なドライバーをもっているのであれば別ですが、そうでなければ最小構成のMacbook Airの64GBは小さすぎると思うかもです。

  そして、初期化用のMac OS X 10.7のこの子用のDVDメディアがついてくるのかとおもいきやそれはなし。USBの光学ドライブでつくるのかな~とか思ったんですが、どうもそうでもないようで(´・ω・`;)oO(command Rで起動してMac OS X ユーティリティでインターネットから初期化するようです

 というわけで、オフラインでどうにかなるものではないようなので、Windows 7をBootcampでインストール…。
しようとしわけですが、USBドライブを認識してくれない(´・ω・`) しかも、Windows 7インストールディスクは認識してくれるのに、ドライバーディスクなどが作れないという…orz もしかして、USB光学ドライブもApple純正でないとダメ?w

 結局、ドライバーディスク作るのはあきらめて(Mac OS X 10.6.3のか、MacBookで作ることにした)BootcampからパテーションきってそのままWindows 7をインストール。今回は、x64ではなく、x86をインストールしました。理由は、x64でまだまだちゃんと動かないドライバーが先月BootcampをインストールしたMacBook Proで発覚したことと、私がつかっているアプリの大半がx86だからです(´・ω・`)

 ざっくりつかってみて、MacBook Airって使い捨てなのかなぁという感じです。分解してメモリーやSSD取り替えるわけにいかないし、外部に増設するにもインターフェースは少ないし・・・。まぁそういう仕様なのだから、これはこれで割り切るしかないですね。iPod/iPadとかと、メール・WWWぐらいしか使わない人には、これはこれでいいのかもです。お手軽にAppleブランドの製品を使うということで………。

 さて、bootcampでWindowsのインストールがおわったら、Final Fantasy XI インストールするかヽ(´ー`)ノ
[PR]
by SirenOokami | 2011-07-25 17:15 | Apple | Trackback | Comments(0)
 ☆ Mac OS 10.6.8でネットワークプリンターが……
 最近はめっきりApple関連に興味がなくなってしまった私ですが、それでも動作確認は必要だし、たまに「買いたいかな~」と思う製品(iPad2とk)もでてくるのです。

 さて、先日アップデートのあったMac OS X 10.6.8ですが、PC以外同一な環境でありながらも、一部の人にLAN上の物理プリンターが使えなくなる現象が発生することがあるそうです。目の前で現象確認したこともあり、ちょっとまとめておきます。

・現象
 Mac OS X 10.6.3/10.6.6等の以前のバージョンで使用していたMacBook Proの人たちがMac OS X 10.6.8へ更新したところ、印刷ができなくなった。印刷しようとしても、プリンターが一時停止に戻ってしまう。
※正常な人もいるため発生率は100%ではない
※アップデートしなかった人は問題なく障害発生したネットワーク上のプリンターで印刷できている
※発生したMacが別のところでも発生するとは限らないようだ

①印刷ができなくなったのは、LAN上のプリンターでボンジュールでアクセスしている物。
②プリンタードライバーは、標準のPost Scriptドライバー及びメーカーから提供されているドライバーのいずれでも発生した


・現象の確認方法
プリンターのキューの画面を呼び出し、メニューから「プリンタ」「ネットワーク診断」を行うと、経路にかかわらず「サーバ」で「エラーが起きました」となる。
※この時、インターネット環境があるLANであれば、インターネットまで正常であることが確認できる
※「プリンタ」「ログと履歴」を確認すると、クラッシュログ等(エラー番号8だったかな)が見つかる


・解決策&回避策
 アップデートが開始され日も浅いことから、ドライバーで対応できるのかどうかメーカーさんも不明な回答を受けました。また、特定のメーカーや機種にかぎらず、発生する人はほかのネットワークプリンターでも発生することがあるとのこと。逆に発生しないこともあるそうです。

 回避策としては『「USBプリンタ」としてUSB接続で使用する』ぐらいしか、ないようです。

 解決策は、原因となったのがMac OS X 10.6.8へのアップデートということぐらいですので、現時点では以前の正常に印刷できていたバージョンへ戻す以外にないと、プリンターメーカーのテクニカルサポートで伺いました。

・その他
 さて、障害が発生したMacBook Proは、新旧にかかわらず発生しました。また、プリンターや環境によっても発生するケースとしないケースがあるようです。発生した環境とは別のネットワーク上のネットワークプリンタで印刷できるということもあるそうです。

 もし、「システムアップデート直前まで使えていたのに、アップデートした直後から使えなくなった」という方がおられましたら、そのプリンターメーカーのサポートや、Aple社のサポートへ問い合わせてみるといいかもです。場合によっては、新しい情報がでてきて、なんらかの解決策やデバイスドライバーにパッチが提供されるかもしれませんしね。

・補足
 再現性を調べてみるために、うちの初代MacBok クロちゃん(Indel CoreDuoモデル)を引っ張り出してきて、Mac OS X 10.6.3をインストール。障害発生報告のあった環境にもっていって、プリンタードライバーは標準のPostScriptで印刷テスト。これは当然ながらok。つぎに、システムアップデートで10.6.8へ途中とばしてアップデート…。でも結果OKでした。もしここで、障害発生してくれてれば、Apple社のサポートに連絡して、障害について報告したのですが………残念です(ぉぃ
[PR]
by SirenOokami | 2011-07-01 15:18 | Apple | Trackback | Comments(0)
 ☆ NeXT station Slab
f0064066_11192610.jpg

 NeXT station Slab(平型) 25MHz版メモリー32MB届きました(´・ω・`)

 かつてAppleから離れた時代のステーブ氏の会社で発売していたサーバー及び研究者向けのコンピュータです。日本国内にはほとんどはいってこなかったもので、CUBE型については、発表当初、研究者向け配布のみ配られたという記事も目にしたものです。

 今回入手したのはCUBE型ではなく平型のSlabですが、そもそも数がすくないので・・・orz

 まぁ、懐ぱその一員として、うちのPC達の仲間入りですヽ(´ー`)ノ
[PR]
by SirenOokami | 2010-08-31 11:18 | Apple | Trackback | Comments(0)
 ☆ Apple:Newton message Pad 110
f0064066_12143558.jpg

※Wikipedia:Apple Newton Message PAD (英語)
 
 ものすご~く懐かしいデバイスがアメリカからやっと届きました。未開封ということで購入したのですが、やはり検査のため開封されてました(´д`)oO(予想はできてましたが、ちょっと残念

 まぁ、税関なんかは検査だからしかたないですよね・・・、未開封ならそのまま大切にしまってしまうのですが開封されてしまったので、せっかくだから写真だけとっておきました。

 このApple Newton Message PAD。私が留学中に発売されたので、当時Apple正規ディーラーの店頭で指をくわえてながめていました。日本でこの手のデバイスは電子手帳。そう、SHARPのZaurusシリーズが全盛期だった記憶があります。私もこのころはZaurusつかっていたので(デジカメ代わりに使えるPCカード付きのやつ)、Newtonを買うのはちょっとためらっていたのです。ためらっている間に、市場からなくなったわけで・・・orz

 今回、当時のままの状態で入手できたのはラッキーでした(´∀`)
[PR]
by SirenOokami | 2010-08-30 12:15 | Apple | Trackback | Comments(0)
 ☆ ITMedia記事:米国でiPhoneのアレが・・・
ITMedia記事:iPhoneのロック解除は合法に 米著作権局が決定

 米国での話ですが、米著作権局が2010年7月26日に「デジタルミレニアム著作権法(DMCA)」の新たな適用除外項目の一つとしていわゆるJailbreakを合法と見直したようです。

 Apple社としては違法との立場をとってきたわけですから、今後Apple社がこれに対して異議をとなえるのかどうか・・・
[PR]
by SirenOokami | 2010-07-28 11:26 | Apple | Trackback | Comments(0)
 ☆ iPhone4のアンテナについて、真実はどうなのだろうか
ITMedia参考記事一覧:
2010/07/15:iPhone 4のアンテナの欠陥をいまだ認めないApple
2010/07/14:「iPhone 4非推奨」レビューで、Appleの株価下落
2010/07/14:「iPhone 4推奨できない」と米消費者情報誌 アンテナ問題が理由
2010/07/05:iPhone 4のアンテナ問題はAppleの秘密主義の弊害?
2010/07/03:Apple、iPhone 4のアンテナ問題は「電波強度表示の誤り」と発表 アップデート実施へ
2010/07/02:iPhone 4のアンテナ問題めぐり、Appleに集団訴訟
2010/06/29:iPhone 4のアンテナ問題、Appleがやるべきはリコールではなく……
2010/06/25:Apple、iPhone 4の「持ち方によって電波感度が弱くなる」問題認める

 いまだ引きずっているアンテナ問題。Apple社的には「電波強度の表示ソフトの公式がまちがっていたという不具合>ソフト更新で解決済み」といったままのようですが、それが真実であるとおもっていない?ひとたちとのバトルは続いているようです。

 アンテナについて、昔のラジオを使っていたことのある人なら、アンテナに指ふれるだけでノイズがはしったりと、以前から人の手がふれることによる信号に変動があることは、この手のことにそれなりに知識のあるひとは知っていることでしょう。そうしたこと等から、ソフトの問題だけではないだろうという(ないし思っている)人は多いようです。

 不具合なんかも「認めなければ不具合ではない」といったことはよく取られてきましたからねぇ。第三者による悪質なソフトについても「そんなものは存在せず、サードパーティによる保護ソフトもいらない」といった立場を長年してきたメーカーですから(しばらく前にさすがに態度変えましたが)、疑われるのは仕方のないことだとは思います。

 さて、私のとっての問題はそこではないのです。

・ソフト公式が間違っていたのではなく物理的なアンテナの問題だという側から
「なぜ、分解検証・調査結果として、不具合である」という話が見えてこないのか。という点なのです。

 「好き嫌いで技術の良し悪しを語るとおかしくなる」という持論な私です。今のAppleが好きか嫌いかといったことは置いておき、今回の大騒ぎ、なぜ、Apple側の公式見解を認めない側が「分解検証する調査会社にiPhone 4のアンテナについて分解検証依頼して、その結果不具合ではないか?」といわないのか。といったことなのです。そんなの「別売りケースつければなおるんだから当たり前」といわれそうですが「ちゃんと検証結果としてどれぐらいアンテナの信号強度が変動し、そのために利用に支障を及ぼすほどの信号強度が低下している」という話でなければ、いいがかりに等しいと思うわけです。

 「あの会社きらいだからあの会社の技術はダメ」とか「この会社すきだから、物まねにちかかろうがなんだろうがいい技術」ということはしたくないのです。個人的に好きだから買う。嫌いだから買わないというのはともかく、技術の良し悪しに対して好き嫌いを混ぜてしまうと、歪んでしまうとおもうのですよ。

 なので、私的にはこの技術的な問題については、検証結果でるまでは「こういう話もあるが、実証&数値えでの検証はされてはいない」ぐらいな感じです。自分が釈然としないかどうかはともかく、訴訟沙汰にまでなっているわけですから、そのうち検証結果がでてくるとは思うんですけどねぇ。


2010/07/20追記:
ITMedia記事:
・2010/07/17Apple、iPhone 4購入者にケースを無償配布 アンテナ問題解消のため
 先週の記事ですが、Apple社における調査報告が数値としてでていますので、参考にでもしておいてください。電波強度計算式がまちがっていたという公式発表が以前ありましたが、それだけではないということなのでしょう。

 そうそう私自身が触ったわけではないので未確認ではありますが、iPhone 3を持っていて信頼のおける友人が、iPhone OS 4にしてから通話が切れやすくなったとか、動作が重たくなったといっていました。本当なのかどうなのかは気になっています。米国において今回のiPhone OS 4はアップグレードが提供されないモデルがあることからも、パフォーマンスの低下はあるのかもしれません。
ITMedia記事:iOS 4は64件の脆弱性を解決 第1世代iPhoneとiPadは放置か?
 本当に挙動が重たくなって、使うのに支障があるのであれば、販売店に問い合わせていくのがよいのかも?そのうち改善されるかもです。言わなければ問題なしとされてしまうでしょうしね・・・

 とりあえず、iPhone OS 4へアップデート考えている人は、販売店などで見せてもらって納得してからのほうがよいかもとは思っています(教えてくれるかどうか、見せてくれるのかはわかりませんが)。人によって感じ方はかわるものなので(´・ω・`)

2010/07/21追記
ITMedia記事:
2010/07/20:「Appleが自ら招いた失敗に巻き込むな」 RIM CEOが批判

 まぁ、RIM側としては言って当然でしょうねぇ・・・

2010/07/22追記
ITMedia記事:
2010/07/22:iPhone 4アンテナ問題、ジョブズ氏発言がさらに議論呼ぶ
(´・ω・`)oO(コメントはさけておきます。記事を・・・

2010/07/26更新
ITMedia記事:
2010/07/20:「膨大な時間を費やし、iPhone 4をテストした」 Appleのアンテナ試験室、写真と動画で公開
2010/07/25:iPhone 4ケース無償提供プログラム、日本でもスタート
 だそうです。どれだけ検査や工場にお金かけたから!といって弁明しようと、ケースなしの人が持ち方次第でアンテナ問題に見舞われることがあるということは事実であり、無償ケース配布という形での対策というところに落ち着いたようです。でも、米国における訴訟が収まったという情報もないので、まだ多少は尾を引きそうかなぁ。

 今回のケースについて、個人的に思うのは「Apple社の悪い面がおもいっきりでてしまった」という感じです。「これだけお金かけて検証し作ってもおきてしまいました。ごめんなさい」ならまだ話はわかるのですが、実際は「これだけお金かけているのだからその程度は不具合ではない」というニュアンスでした。これは元記事のライター(もしくは翻訳者?)の受け取ったニュアンスが伝わる感じではありましたが、残念ながら、自社の事前検証ミスや、不具合ではないことを言い繕おうとしているようにしか見えませんでした。その最たる例が「他社製品でも起こりうる現象」と、他社スマートフォン関連製品では「ケースなしで今回の様なアンテナ問題に発展した」ことも、「ケースという付属品を無償配布に踏み切らざるを得ないと」いったこともなかったと思います。なのにライバル他社をあげつらうような事をやるというのは、個人的には幻滅しました。
 「膨大な時間とお金をかけたからあり得ない」ではなく、「それだけ検証したのになぜ顧客から訴訟になるほどのクレームになるものになってしまったのか」というほうが重要なのではないでしょうか。「持ち方を変えればすむこと」「別売りケースを買えばいい」と、それで説明を終わらせようとしなければならない製品に仕上げてしまったことのほうが問題ではないのかと思うわけです。
 こうなってしまった原因は、ケースを一緒に購入する多くの顧客が背景にあったからかもしれませんし、顧客の実機での持ち方によるアンテナへの影響を軽度に見てしまったからなのかもしれません。なんにせよ、次の製品ではこのような事のないようにしてほしいとは思います。

2010/08/02追記
ITMedia記事:2010/08/02
Apple、「他社端末も同じ」アンテナ検証ページを削除
 いつのまにやら消しちゃったそうです。「Apple社的にまっとうに試験&検証した結果である」というのなら別に削除することはないとはおもうのですが(´・ω・`)oO(それはそれで一つの判断材料だし
[PR]
by SirenOokami | 2010-07-15 12:07 | Apple | Trackback | Comments(2)
 ☆ iPhoneの暗号化問題(´・ω・`;)
ITMedia記事:iPhoneの暗号化はセキュリティを重視する企業にとって必須
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0809/19/news01.html


 いつものITMediaさんの記事(海外記事の翻訳版)です。まずはじっくり読んでおいてください。

 さて、昨夜FFXIにインしたときに、ちょうど廃タルタルFさんがインしてきたので「iPhone買った?」ってきいってみたら「もちろんwwww」と返ってきました。これで私の周り二人目のiPhoneユーザー発見!というところで、上記記事見かけたのでちょっとコメント。

 「機器全体の暗号化が無い」って、以前Windows Mobileの大企業採用見送った原因のひとつで、その筋では話題になったんですけど、企業向けに宣伝してるわりに実装されてなかったのね(´・ω・`)

 電子メールが使えるとか、Exchange Serverと連携とれるようになったとか、そんなことよりももっと重要だと私は思います。そのあたりは記事書いたひとと見方がちょっとことなるかもしれません。まぁFタルタルさんの話では「iPhone上で日本語でメールするのは無理wwww」だそうですが、その辺はまぁ個人差もあるといっておきましょう。 oO(私自身触らせてもらって使いにくいとおもったが、使えてるという人もいるので・・・

 セキュリティ専門家かかえてるから大丈夫!とかいいつつも、OS X 10.5初期版でソフトウェアファイヤーウォールをOFFにしたまま出荷(騒がれてからは修正されて出荷されている。またアップデートで対処された)するようなメーカーですから(´∀`)oO(担当者がかわいそうだ・・・

 そうしたこといろいろ考慮してみて、やはりユーザーは大企業ではなく、もっと一般的な学生とかが対象なんでしょうね。暗号化なんかで保護されたデバイスよりも、盗んですら楽につかえるデバイスの方がきっと向いているんでしょう。実際、知人がけっこうiPod Touchの盗難にあってます。iPhoneと同様、iPod Touchも暗号化とかの保護機能ないんですよね。ネットワーク対応しているのだから、暗号化で内部保護しておいて、盗まれたらiTune経由で起動不可設定してしまえばいいのにとか思うんですけど。。oO(解除は持ち主の登録PCもしくはサービスセンターで持ち主確認できてからというぐらいでもいいだろう

 個人の私用だけならともかく、業務メールやらスケジュールやら取り扱うのに、デバイスの保護がなければ他人の手に渡ったときにどうするの(´・ω・`)? 情報漏えいなんかになった場合、首じゃすまないことすらおこりうるんですが。。oO(そもそもこのご時世で、管理できないデバイスを使うほうが悪い
 盗難のケースなんか、置き忘れならまだしも、机の上とかで充電してるところ盗んでいくひとすらいますしねぇ

 とりあえず、業務でつかっている方は、。盗難・紛失には気をつけましょう(´・ω・`)
[PR]
by SirenOokami | 2008-09-19 13:01 | Apple | Trackback | Comments(0)
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
記事URL及びブログTOPへのリンクは自由といたしますが、記事内容及び記事で提供しているダウンロードデータ(ソフトウェアを含)・写真等についての再掲載・転載等の二次使用は固くお断りいたします。
特にアフェリエイトを含むまとめサイトへの転載は一切行わないようお願いいたします。